喪中はがき印刷
喪中はがき
M1/M2/M3/M4/M5/M6/M7/
M8/M9/
寒中見舞いはがき
WK1/WK2/WK3/WK4/WK5
/WK6/WK7/
死亡報告はがき
SB1/SB2/SB3/SB4/SB5/SB6/
SB7/SB8/SB10/
法要案内,七七日忌,滿中陰などは兄弟サイト[良いあいさつ状.com]にて承り中です。
良いあいさつ状.com

★ワケアリ文例
自由文タイプ
 +515円で自由文印刷
用紙について
カード+封筒

FAX注文書
価格表/用紙
お買い物の流れ
お支払い方法
特定商取引に関する法律に基づく表示
●お問い合せ(mail)
(!) 返信メールが来ない

ご了承ください
印刷の関係上、カタログの見本と多少色が異なります。
住所・氏名・電話番号の組方は文字数の関係上、当社一任とさせていただきます。
お届け商品がお申込みと異なったり、汚損・破損の場合はお取替え致します。これ以外の理由によるお取替え、ご返品は原則として承れませんのであらかじめご了承ください。お客様ご都合による刷り直しは追加料金にて承ります。
お電話口での口頭でのご注文は聞き違いミスや、言った言わないのトラブルの元になりますので、お受け出来ません。必ず専用メールフォームかFAX注文書にてご注文くださいませ。

実店舗

(有)プリントピア
千葉市中央区都町1-13-16
TEL.043-233-9671
FAX.043-233-9666
E-mail mail-img

当店は千葉市にある街の印刷屋さんです。はがき以外の印刷も承っております。ご来店の際はお電話ください。
●営業時間/10:00〜18:00 。日曜祝祭日と隔週土曜(第1,第3)は休業日です。営業カレンダーはこちら。
▽姉妹サイト

▼兄弟サイト

用紙見本

見本画像はWeb用にスキャニング→最適化加工したものです。実物とは多少、色合いが異なりますので、予めご了承ください。

私製はがき 用紙見本
(画像をクリックすると別窓が開きます)
鼠枠 野菊 桔梗 惜別 白菊
A 鼠枠 B 野辺菊 C 桔梗 D 惜別 E 白菊

上記A〜Eの用紙は、すべて 私製はがき(切手をお貼りいただくタイプ)です。印刷料金には私製はがき用紙代も含まれています。
厚さは用紙によって違います。各用紙の頁をご参照ください。
宛名面の郵便番号枠と切手貼枠はネズミ色です。
私製はがきには、絵柄のない「無地」もあります。

※2)宛名面の切手貼枠デザインは、用紙メーカーの仕様によって予告無く変わる場合がございます。

価格表
送料について
切手について
官製はがきについて
インクジェットはがきについて
10枚と20枚、印刷代が変わらないのはどうして?

● 切手について

kitte「私製はがき」は、郵送料金が含まれないポストカード状の用紙です。ポスト投函なさる際は、切手を貼ってお使いください。 (切手を貼らないでポストに投函すると料金不足で、受取る相手が切手代を払うことになってしまいます;)

※平成29年6月1日より、はがきの郵便料金が62円に変更になりました。62円切手をお貼りください

仏事のご案内に使う返信はがき・寒中見舞い・死亡通知など、仏事用私製はがきには、弔事用62円切手を貼ります。お近くの郵便局にてお求めください。
なお、封書用の弔事切手は(その昔80円時代には存在したのですが)残念ながら現在は販売されておりません。したがって、82円の弔事用切手といものはございませんので、封書の場合は通常用の切手ないしは渋めの記念切手を使用してください。
日本郵政が発行している最新の記念切手などは郵便局の公式ホームページをご覧いただくか、お近くの郵便局にお問合せください。

切手をいちいち貼るのが面倒だ!という場合は、弔事用の官製はがきで印刷なさる事をお勧めします。

※新サイト[良いあいさつ状.com]では、ご希望により、宛名印刷や切手貼り作業(別途有料オプション)も承っております。詳しくは、新サイト[良いあいさつ状.com]へどうぞ。


●官製はがきについて

「官製はがき」は郵便料金があらかじめ含まれているはがきです。「官製はがき」は切手を貼らずにポストに投函できます。
(※郵便事業が民営化されたため郵便局では現在「普通はがき」と名称変更し販売されていますが、切手を貼る必要がある「私製はがき」と混同しやすいため、当店では引き続き「官製はがき」と呼んでいます。)
用紙を「官製はがき」に変更される場合は、印刷代金の他に「はがき立替代(1枚/62円※)」が掛かります。
官製はがきでの印刷は、文章面の絵柄はナシ(無地)になります。

●インクジェット用官製はがきについて

宛名を自宅のインクジェットプリンターで出すので…と最近お問合せの多い、「郵便局で販売されているインクジェット用官製はがき」ですが、印刷機にくっついてからまってしまうのでお取り扱いしておりません。そもそも、郵便局で販売されているインクジェット用官製はがきの宛名面にはインクジェット用のつるつる加工は施されていません。

※新サイト[良いあいさつ状.com]では、文章印刷と同時のご注文で、宛名プリントも承ります。詳しくは、新サイト[良いあいさつ状.com]をご覧ください。


●価格表

死亡通知・喪中・寒中共通の印刷代です。
送料は次項の「送料について」をご覧ください。


私製はがきには郵便料金が含まれていません。
投函の際にはお客様にて切手を貼ってお使い下さい。

官製はがき」での印刷をご希望の場合、はがき立替代がかかります。またその場合は絵柄は印刷されません(無地になります)のでご了承ください。

送料は、次項の「送料について」をご覧ください。


「10枚と20枚、印刷代が変わらないのはどうして?」
印刷は多く刷るほど単価が安くなります。そのため数枚単位ではほとんど印刷代が変わりません…(ゴメンなさい!)ですから、値段の変わらない範囲なら、私製はがきで印刷される場合、書き損じ分などのために必要枚数予定より少し多めにご注文されることをお勧めします。


●送料について

商品お渡し方法、送料について

商品のお引き渡しについて

  1. ご入金確認後、商品刷上がり次第の発送になります。宅配「佐川急便」にてお届けします。
    ご希望があった場合は日本郵便の簡易小包「レターパックプラス」にて発送いたします。
    但し、代引をご指定の場合は佐川急便にて発送いたします。

  2. 郵便振替は入金確認に2〜3日掛かります!!! ご入金確認後の発送になりますので、早めに欲しい場合はご入金後に(払込票兼受領書)のコピーを当社宛にFAXしてください。そうしましたら刷上がり次第発送できます。

  3. 連休前後は、注文の確認・発送などが遅れる場合がございます。また、ご注文が混み合っている時など、納期が通常より遅れる場合がございます。予めご了承下さい。

  4. ご旅行等で長期間ご不在になるなど商品受け取りが出来ないことが予めわかっている場合は、ご注文の際に受取可能日をご指定ください。

発送方法、送料について

送料はお客様のご負担でお願いしております。
特にご指定のない場合は「佐川急便」でお届けしています。
関東以外への発送に関してはご注文枚数、お届先住所によって「レターパックプラス」、日本郵便のほうが送料が安価な場合がありますので、ご希望の場合はお申し付けください(但し、代引をご指定の場合は佐川急便にて発送いたしております)。

佐川急便で送る場合

ご注文数量、用紙の重さ、ご希望の発送方法、お届け先への距離によって送料は変動します。また若干、梱包材の重さが加算されます。
ご注文いただいてから正確な送料を計算してから確認メールにてお知らせしますので、下記運賃表は目安としてご覧ください。
代引は送料の他に代引手数料が掛かります。

  • 時間帯指定が可能です。
  • 代引に対応しています。(代引手数料が掛かります)
    (一部、対応していない地域エリアがございます。ご了承ください。)
地域名都道府県名3辺合計100cm以内
重量10kg以内
北海道北海道1,250円
北東北青森・秋田・岩手1,000円
南東北宮城・山形・福島780円
関東千葉・東京・神奈川・埼玉
茨城・群馬・栃木・山梨
600円
信越長野・新潟780円
東海静岡・愛知・岐阜・三重780円
北陸富山・石川・福井830円
関西京都・滋賀・奈良・和歌山・
大阪・兵庫
830円
中国岡山・広島・山口・鳥取・島根1,150円
四国香川・徳島・高知・愛媛1,250円
北九州福岡・佐賀・長崎・大分1,350円
南九州熊本・宮崎・鹿児島1,400円

※沖縄・八丈島・大島・壱岐・対馬・その他離島は、お問い合わせください。
 中継が入りますので、送料とお時間が掛かります。

  • 国内のみの発送となります。(海外発送は現在行なっておりません)。

レターパックプラス

レターパックプラスについて

レターパックプラスは日本郵便の簡易小包です。
全国一律 510円(日本国内のみ配達。サイズ制限があります)
対面配達ですので、普通郵便と違いポストからの抜き取りなどがなく安心です(お受取りの際にはハンコまたはサインが必要です)。
専用封筒によるお届けになります。

※前金にてお支払い頂いた場合のみ対応いたします。
※サイズ制限がございます(専用封筒に入り切らない場合は対応できません)。

  • レターパックプラス発送対応可能サイズの目安
     ※いずれも当社基本用紙使用の場合です。
    • 私製はがき→200枚まで。
    • 単カード+封筒→70組まで。
    • 2折カード+封筒→40組まで。
  • 注文数量やサイズによってレターパックプラスで対応出来ない場合もございますのでご了承ください。
  • お急ぎの場合は佐川急便での発送をご指定ください。
    (速達扱いですが、到着目安は佐川急便に+1日くらいです。)
  • 代引はできません(佐川急便の代引便にて対応いたします)。
  • お届け日時指定はできません(佐川急便にて対応いたします)。
     ……レターパックプラスも、不在時の再配達依頼の段階では日時指定が出来るようです(但し、こちらはご自身でお願いします)。
  • 「レターパックプラス」と「レターパックライト」は全く別の配送サービス内容となっています。ライトについては下記項目を併せてお読みください。

レターパックライトについて

ご注意ください!

「レターパックライト」は、「レターパックプラス」とは全く別の配達サービスになります。詳しくは下記をお読みください。

  • 送料 全国一律360円
  • A4サイズ(340mm x 248mm)
  • 厚さ3cmまで
  • 郵便受けに入れて配達完了。
  • レターパックライトの規定容量を超えるサイズ・重さの場合や、代引等の付加サービスをご希望の場合は、佐川急便にて対応させて頂きます。
    「レターパックライト」は、郵便受けへの投函にて配達完了です。
    郵便受けに配達された後の、抜き取り盗難などのリスクがございますので、ご注意ください。
    レターパックライトは、A4サイズ(340mm x 248mm)・厚さ3cm迄となります。 こちらのサイズが郵便受けに入るかどうかをまずご確認ください。
    もし、お届け先の郵便受けにレターパックライトが入らない場合は、 配達員が不在配達通知書を入れたうえで郵便局へ持ち戻るとの事ですので、 その不在配達書の案内にしたがってレターパックライトをお受け取りください。
    郵便局の定める保管期限を過ぎてもお受け取りにならなかった場合は、 保管期間経過のため返還として商品が弊社に戻ってきてしまう場合があります。 万一、商品が弊社に差し戻しになった場合、再度発送する際には その分の送料を別途申し受けますのでご了承ください。
  • 郵便受けがないお宅には配送できない場合があります。
  • 表札が出ていないお宅には配送できない場合があります。

※万一、弊社に差し戻しになった場合、再度発送の送料は別途申し受けますのでご了承ください。

梱包について

当店では簡易梱包を実施しています。
梱包材にはリサイクル品を使う場合がございます。
予めご了承ください。

お届け時間帯サービス(佐川急便)

お届け方法に佐川急便をお選び頂いた場合は、下記の時間帯で、お届け時間帯サービスをご利用いただけます。ご注文時にご指定ください。
※一部、時間帯指定の出来ない地域もございます。ご了承ください。

  •  ◎午前中(8時〜12時)
     ◎12時〜14時
     ◎14時〜16時
     ◎16時〜18時
     ◎18時〜21時

代引をご希望のお客様

  1. 代引をご希望の場合は、佐川急便で発送いたします。商品をお受取りの際に配達ドライバーに代金をお支払いください。商品代金と送料の他に代引手数料を別途申し受けます。代引手数料はご請求金額合計によって変わります(下記表参照)。
    ご請求金額はご注文確認メールにてお知らせいたします。

  2. ご請求金額
  • 代引手数料
     1万円以内324円
     1万円〜3万円まで432円
     3万円〜10万円まで648円


営業カレンダー
説明
今月
来月
◎喪中欠礼状、寒中見舞いの出し方(マナー?)
近親者で1年以内に不幸があった時、年賀状をいただきそうな相手に前もってその旨をお知らせるために出す挨拶状が喪中欠礼状です。投函時期は、年賀はがきが売り出される11月1日から、遅くとも相手が年賀状の準備を始める前、12月の初旬ごろまでには相手に届くように出しましょう。二親等(親・妻・夫・子・祖父母・兄弟姉妹・孫)までが近親者の目安ですが、その二親等外であっても、たとえば長く同居していた場合や、特に悲しみが深い場合などは欠礼状を出してもよいでしょう。
喪に服す期間は、両親や配偶者が亡くなった場合は1年、兄弟姉妹、祖父母、子供の場合は、3〜6ヵ月が一般的です。
夫の親族が亡くなった場合→夫の名前を代表にして夫婦連名で出します。連名ではなく、自分の名前だけで出すときは、続柄を義母、義父など夫側の親族であることが分かるようにします。

私製ハガキに印刷し喪中用の切手(弔事用切手)を貼って投函するのが一般的です。官製はがきはあまり好まれませんが、数量や時間の関係で官製はがき使う場合は、郵便運賃の額面部分が弔事用デザイン(額面部分が「胡蝶蘭」)のはがきが販売されています。どちらも「弔事用」と言えばお近くの郵便局で購入出来ます。(弔事用の切手やはがきのデザインは日本郵便のゆうびんホームページに掲載されています)

年末に不幸があった場合、または喪中状を出してない方から年賀状が届いた場合には、こちらからは年賀状は出さず「松の内」(1月7日)を過ぎてから、事情を書き添えた寒中見舞いを出しましょう。なお、年賀状を頂いている場合は「年頭のご挨拶を頂きありがとうございました」などと年賀状のお礼の言葉を添えると丁寧です。また「年賀」「元旦」などという新年を祝う言葉は使わないように気をつけましょう。

◎ん?社用の喪中欠礼状?
代表や役員が亡くなった場合であっても、社葬としてお葬式を出す以外では、社用として法人が喪中欠礼状を出すことはまず通常ありません。そもそも「喪」とは、故人の近親者(人)が服すものであり、人ではない「会社」が喪に服し、取引先やお客様にその悲しみを知らせる…というのは普通に考えればちょっとおかしな話です。
もし、生前の故人とビジネスを越えて親しかった相手や、家族ぐるみでの付き合いがある相手であれば、社名ではなく遺族「個人」として、その方に喪中欠礼状を出します。もしどうしても、という場合なら、会社として年賀状を出すのを控え、相手先からきた年賀は受取り、年明け「松の内」(1月7日)を過ぎてから、代表が亡くなったお知らせと欠礼のお詫びそして変わらぬご愛顧をお願いする一文を添え、「寒中見舞い」として出すとよいでしょう。また前任者が死去したことにより代表者や役員が変わる場合は、それとは別に、封書で役員変更の「挨拶状」を出しましょう。

printpia