喪中はがき印刷
喪中はがき
M1/M2/M3/M4/M5/M6/M7/
M8/M9/
寒中見舞いはがき
WK1/WK2/WK3/WK4/WK5
/WK6/WK7/
死亡報告はがき
SB1/SB2/SB3/SB4/SB5/SB6/
SB7/SB8/SB10/
法要案内,七七日忌,滿中陰などは兄弟サイト[良いあいさつ状.com]にて承り中です。
良いあいさつ状.com

★ワケアリ文例
自由文タイプ
 +515円で自由文印刷
用紙について
カード+封筒

FAX注文書
価格表/用紙
お買い物の流れ
お支払い方法
特定商取引に関する法律に基づく表示
●お問い合せ(mail)
(!) 返信メールが来ない

ご了承ください
印刷の関係上、カタログの見本と多少色が異なります。
住所・氏名・電話番号の組方は文字数の関係上、当社一任とさせていただきます。
お届け商品がお申込みと異なったり、汚損・破損の場合はお取替え致します。これ以外の理由によるお取替え、ご返品は原則として承れませんのであらかじめご了承ください。お客様ご都合による刷り直しは追加料金にて承ります。
お電話口での口頭でのご注文は聞き違いミスや、言った言わないのトラブルの元になりますので、お受け出来ません。必ず専用メールフォームかFAX注文書にてご注文くださいませ。

実店舗

(有)プリントピア
千葉市中央区都町1-13-16
TEL.043-233-9671
FAX.043-233-9666
E-mail mail-img

当店は千葉市にある街の印刷屋さんです。はがき以外の印刷も承っております。ご来店の際はお電話ください。
●営業時間/10:00〜18:00 。日曜祝祭日と隔週土曜(第1,第3)は休業日です。営業カレンダーはこちら。
▽姉妹サイト

▼兄弟サイト

◎FAX注文について◎

FAXでのご注文が可能です。
FAX注文用紙をプリントアウトして、ご利用ください。

用紙によって、ご記入頂く内容などが異なるため、
注文用紙を分けております。
下記のリンクより、
ご希望の用紙の注文フォームを選んで、ご利用ください。

仏事【はがき】 FAX注文用紙(PDF)

仏事【はがき】自由文 FAX注文用紙(PDF)

仏事【カード+封筒】FAX注文用紙(PDF)

FAX注文用紙は、プリントアウトして、記入してからお送りください。


FAX注文用紙でのご注文の場合は、黒のペンでお書きください(鉛筆書きでは、FAXがこちらに届いた時かすれて読めないのです)。特に間違えやすい漢字や旧字などは、大きめに、ハッキリお書きください。もし原稿枠が小さくて書きにくい場合は別の紙でも結構です。別紙に原稿を書いた場合でも、注文用紙は必ず一緒に送信してください。

推敲オプション(+515円)…文章に自信が無い場合や、言い回しに失礼がないか不安な場合は、当社にて原稿を拝見して、しきたり的におかしい所をチェックし、お直しする「推敲」もいたします(推敲手数料として別途515円加算)。ご希望の方は「推敲」オプションにチェックを入れてご注文ください。


句読点について…縦書きの場合は原稿に句読点が含まれていても句読点なしの形で校正をお出しします(それは、本来、縦書きの挨拶状には句読点を入れないものだからです)。しかし句読点を入れる事自体は可能ですので、句読点入りで組版をご希望の場合は「句読点あり」とお書き添えください。例外として、改行が不可能なほど文字数が多い文章の場合は句読点を入れる場合があります。

※「校正」…とは、ご注文内容で作成した印刷前の版のレイアウトをお客様自身でご確認いただく事です。この段階で調整や修正指示も可能です。(「印刷前の見本」と呼んでる業者もあるようですが、例文見本と混同しやすいので当店では「校正」と言っております。)


営業カレンダー
説明
今月
来月
◎喪中欠礼状、寒中見舞いの出し方(マナー?)
近親者で1年以内に不幸があった時、年賀状をいただきそうな相手に前もってその旨をお知らせるために出す挨拶状が喪中欠礼状です。投函時期は、年賀はがきが売り出される11月1日から、遅くとも相手が年賀状の準備を始める前、12月の初旬ごろまでには相手に届くように出しましょう。二親等(親・妻・夫・子・祖父母・兄弟姉妹・孫)までが近親者の目安ですが、その二親等外であっても、たとえば長く同居していた場合や、特に悲しみが深い場合などは欠礼状を出してもよいでしょう。
喪に服す期間は、両親や配偶者が亡くなった場合は1年、兄弟姉妹、祖父母、子供の場合は、3〜6ヵ月が一般的です。
夫の親族が亡くなった場合→夫の名前を代表にして夫婦連名で出します。連名ではなく、自分の名前だけで出すときは、続柄を義母、義父など夫側の親族であることが分かるようにします。

私製ハガキに印刷し喪中用の切手(弔事用切手)を貼って投函するのが一般的です。官製はがきはあまり好まれませんが、数量や時間の関係で官製はがき使う場合は、郵便運賃の額面部分が弔事用デザイン(額面部分が「胡蝶蘭」)のはがきが販売されています。どちらも「弔事用」と言えばお近くの郵便局で購入出来ます。(弔事用の切手やはがきのデザインは日本郵便のゆうびんホームページに掲載されています)

年末に不幸があった場合、または喪中状を出してない方から年賀状が届いた場合には、こちらからは年賀状は出さず「松の内」(1月7日)を過ぎてから、事情を書き添えた寒中見舞いを出しましょう。なお、年賀状を頂いている場合は「年頭のご挨拶を頂きありがとうございました」などと年賀状のお礼の言葉を添えると丁寧です。また「年賀」「元旦」などという新年を祝う言葉は使わないように気をつけましょう。

◎ん?社用の喪中欠礼状?
代表や役員が亡くなった場合であっても、社葬としてお葬式を出す以外では、社用として法人が喪中欠礼状を出すことはまず通常ありません。そもそも「喪」とは、故人の近親者(人)が服すものであり、人ではない「会社」が喪に服し、取引先やお客様にその悲しみを知らせる…というのは普通に考えればちょっとおかしな話です。
もし、生前の故人とビジネスを越えて親しかった相手や、家族ぐるみでの付き合いがある相手であれば、社名ではなく遺族「個人」として、その方に喪中欠礼状を出します。もしどうしても、という場合なら、会社として年賀状を出すのを控え、相手先からきた年賀は受取り、年明け「松の内」(1月7日)を過ぎてから、代表が亡くなったお知らせと欠礼のお詫びそして変わらぬご愛顧をお願いする一文を添え、「寒中見舞い」として出すとよいでしょう。また前任者が死去したことにより代表者や役員が変わる場合は、それとは別に、封書で役員変更の「挨拶状」を出しましょう。

- printpia -